アメコミ風デザイン文字を湾曲させる方法【Illusutrator活用術】

スポンサーリンク

今回はアメコミ風の文字のデザイン「文字を湾曲させる方法」について解説していきます。

文字の入力

イラストレーターを立ち上げます。

T「文字ツール」で文字を入力します。
文字はアメコミ系ですと太めのゴシックなどがオススメです。

文字を湾曲させる方法

入力した文字をアウトライン化します。

文字を湾曲させる方法

書式>アウトラインを作成

ショートカットは「Shift+Ctrl+O」です。

湾曲した図形の作成

文字を湾曲させたいイメージの図形を作成します。

文字を湾曲させる方法

まず、アウトライン化した文字の上に、長方形ツールで長方形を作成します。

文字を湾曲させる方法

作成した長方形を選択し、

効果>ワープ>円弧

文字を湾曲させる方法

ワープオプションが開きます。

「プレビュー」しながら文字を湾曲したい形に長方形を変更していきます。
図形の湾曲が決定したら、「OK」をクリックします。

※この際、オブジェクトは外観のみを変更しています。元のパスは残っています。

湾曲されたオブジェクトが選択された状態で

文字を湾曲させる方法

オブジェクト>アピアランスの分解

これで通常のオブジェクトに変換されます。

湾曲した図形に文字を変形

次にアウトライン化された文字を、オブジェクト(湾曲した図形)に変形していきます。

アウトライン化された文字とオブジェクトを選択します。
※選択ツールの状態でShiftを押しながらクリックまたは選択ツールで両方をドラックすると複数選択できます。

文字を湾曲させる方法

エンベローブ>最前面のオブジェクトで作成

前面に文字が配置されます。これで完成です。

文字を湾曲させる方法

完成した文字のオブジェクトはダイレクト変形ツールで形を変形できます。
また文字の塗り、線の追加等も通常と同じようにできます。

まとめ

今回は文字を湾曲させてみました。
デザイン方法を活用して、魅力的なアイキャッチの作成などに役立てて頂ければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です